1. ホーム
  2. 都道府県
  3. 東北地方
  4. 八幡平市

岩手県八幡平市の 木、花、鳥

八幡平市の木(市木)

アカマツ

樹のはだが赤味をおびているところからアカマツと呼ばれる。 古生層の丘陵地帯に多く、早く成長する。油脂分が多いため、磨けば磨くほど優雅な光沢を出す。800年前の東大寺大仏殿の復興材や皇居新宮殿「松の間」の内装材に使われている。

本県産の代表的樹種。市内いたるところに生育し、樹齢120年を超えるアカマツ天然林もある。
2006年11月3日制定

八幡平市の花(市花)

リンドウ

やや乾いた山地や草地に自生し、9~11月ごろ紫色の美しい花を咲かせる。茎は30~60cmで、大きいものは1mくらいのものもある。

八幡平市は品質・生産量とも日本一。
2006年11月3日制定

八幡平市の鳥(市鳥)

ヤマドリ

キジとともにわが国の特産種で、本州・四国・九州の山間地に生息する。

雄の尾が非常に長く、尾だけで90cmに達するものもいる。全身が赤褐色で美しく、茂った林や谷などに生息する。

市内全域の山林に生息。
2006年11月3日制定
参考
https://www.city.hachimantai.lg.jp/soshiki/kizai/2041.html

岩手県のシンボル