1. ホーム
  2. 都道府県の木
  3. アカマツ

アカマツ

樹のはだが赤味をおびているところからアカマツと呼ばれる。 古生層の丘陵地帯に多く、早く成長する。油脂分が多いため、磨けば磨くほど優雅な光沢を出す。800年前の東大寺大仏殿の復興材や皇居新宮殿「松の間」の内装材に使われている。

アカマツの樹形
“アカマツの樹形” by Mochi / CC BY-SA 3.0

※画像はイメージです。

アカマツがシンボルの都道府県

アカマツがシンボルの市町村

参考
https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/miryoku/shoukai/symbol.html
https://www.pref.iwate.jp/kensei/profile/1000650.html